インストラクターと講座についての、新しい方針!

新型コロナの感染に始まり、今は第3波となる感染拡大の嵐が世界中を覆っているという…まさに近代でも稀な波乱の年も終わりに近づいて、新しい年が目の前に迫っています。

 

この波乱の年は世界中を巻き込んで、仕事や生活のあり方はもちろん、人との関わりや行動までも、今までとはすっかり違うものに変えてしまいました。

 

その厳しい状況の中で、スウェーデンハンドセラピー協会が8月に再発足してから、早くも5ヶ月が経ちましたが、ハンドセラピー講座は開催されるまでには至りませんでした。

 

今までは…です。

 

●新しい方針

 

今までは、通常の講座は参加者が5名以上というのが基準でしたが…
2021年からは、参加者が1名でも講座の開催が可能になりました。

 

そして、正月過ぎには、早くも大阪で講座が開かれることになりました。

 

参加者は…1名です。

 

講座開催の基準が新しく変わった理由は、

 

現状は、複数の参加者を基準にした講座を開くことが難しいという状況であるということもありますが…

 

これからは、インストラクターがより活躍できるようなること、またハンドセラピーを習得したいという希望者が、自分一人でも講座に参加できるように…ということで、2021年からは新しい方針で活動を始めることになりました。

 

●新しいインストラクター・ガイドライン

 

今回改訂されたガイドラインで新しく取り入れられたものとして…

 

  • インストラクター自身の周りで講座の受講を希望する方がいる場合には、協会との提携によって講座を開催することができ、またその場合は、通常のインストラクター講師料の他に、「普及促進協力費」として一定のインセンティブが、業務契約に明記されている額で支払われる。
  • 講師料及びインセンティブは、参加者が1名の場合の収支計算に基づく割合で、参加者が多ければ多いほど、講師料とインセンティブの額は多くなる。

 

というように、

 

自分の身の回りでハンドセラピーの手法を学びたいという人がいる場合に、自分で独自に講座を持つことができ、またその場合参加者は一人でも可能ですし、また参加者が多くなれば、それに応じて講師料やインセンティブが多くなるなど…
インストラクターにとって、講座がやりやすくなり、また有利な条件になっています。

 

 

●インストラクターとのコンタクト

 

スウェーデンハンドセラピー協会のインストラクターは、基本的には、以前の旧ハプティックセラピー協会と旧スウェーデンハンドセラピー協会で認定を取得したインストラクターですが…

 

年月も経過しており、それぞれの状況変化もあることから、2021年からは、新たなインストラクターガイドラインに基づいて、改めてスウェーデンハンドセラピー協会のインストラクターとして業務委託契約をして、再登録します。

 

そのため、協会では年が明けてから今までのインストラクターと新たにコンタクトを取ることを開始する予定ですが…
連絡先が変更された場合も多いと思われることから、

 

連絡先が変更になった方で、今後も協会のインストラクターとしてご協力いただける方は、協会の方に連絡をしていただけるようお願いします。

 

連絡メールは、協会のメールアドレス:
sweden.handtherapy@gmail.com

 

まで、ご連絡ください。

 

(Visited 94 times, 1 visits today)